神戸-小豆島フェリーなら、ジャンボフェリー。小豆島・直島・高松へ

神戸-高松ジャンボフェリーはこちらへ
会社概要フェリー船内設備よくある質問ネット予約ENGLISH

瀬戸内国際芸術祭2013

HOME>現在のページ

小豆島坂手地区の作品情報


瀬戸内国際芸術祭2013のメインステージの一つ、小豆島坂手地区!
神戸港から小豆島・坂手港まで一つのストーリーがつながる!素晴らしいアート作品の数々をご紹介します。
※2月25日に瀬戸内国際芸術祭2013公式ガイドブックが発売されました。

  • ジャンボ・トらやん 作家:ヤノベケンジ 場所:ジャンボフェリー「こんぴら2」「りつりん2」屋上デッキ!
ヤノベケンジ「ジャンボ・トらやん」onジャンボフェリー ヤノベケンジ「ジャンボ・トらやん」onジャンボフェリー
Ⓒ2012 Kenji YANOBE
瀬戸内国際芸術祭2013のメインステージは小豆島・坂手港。 その坂手港と神戸を結ぶ小豆島ジャンボフェリーには、ヤノベケンジの代表作、トらやんが巨大な船長となって登場します。

トらやんは、バーコード頭にちょび髭、ポーランド民謡を歌う世紀のトリックスター。 子供と大人の融合の象徴として作品へと取り入れたヤノベケンジ実父の腹話術人形が原型。巨大化、増殖しながら世界観を拡げていきます。

今回の小豆島坂手を中心とする作品群は、ヤノベケンジの2007年の作品、絵本「トらやんの大冒険」の世界のまさに具現化。
様々な作品が、一つのストーリーをもって私たちに語りかけてきます。

ジャンボフェリーを「ノアの箱舟」に見立てて、失われた太陽を取り戻すため、神戸港から希望の島・小豆島を目指して、みんなで、ジャンボ・トらやん船長と一緒にさあ船出!

Ⓒ2012 Kenji YANOBE 希望の島に辿り着く直前、大嵐にみまわれたトらやん船長の「箱舟」。トらやんが、小さな小さな太陽を、高く高く掲げると、嵐はしずまり、黒い夜は終わり、世界はようやく朝を取り戻します
---
瀬戸内国際芸術祭2013の関西方面からの正面玄関となる小豆島・坂手港。そこに「トらやんの大冒険」に登場する小さな太陽さながらに、来島者を迎える巨大モニュメント,THE STAR ANGER が設置されます。
THE STAR ANGER は、現代美術家ヤノベケンジが21012年に発表した巨大ミラーボール作品。 直径5メートルに及ぶ八方から角を突き出した巨大ミラーボールに、ドラゴンが乗り、回転しながら光を放つ光景は圧巻です。



  • ANGER from the Bottom(地底からの怒り) 作家:ビートたけし×ヤノベケンジ 場所:坂手港近く観音寺の上の古井戸
  • ※【ご注意】本作品は、9:00~17:00の毎正時に、1時間に1回だけ登場します。ご注意ください。
Ⓒ2012 Kenji YANOBE Ⓒ2012 Office KITANO トらやん船長がようやくたどり着いた希望の島・小豆島坂手港。
その後ろには釈迦を守護する「八大竜王」が住みつく霊峰・洞雲山が高くそびえ立っています。
そこで、皆さんは何を見つけるでしょうか?
---

今回の瀬戸内国際芸術祭2013の一番の話題作。ビートたけしとヤノベケンジのコラボレーション作品が、小豆島坂手地区の古井戸に登場します。


ビートたけしが、以前から温めていたモチーフが「古井戸」。
井戸は自然と人間を繋ぐ超自然的な回路。しかし、近代化が進む中で井戸が持っていたふくよかな回路は閉ざされました。
今日の自然の猛威は、その声が聞こえなくなった人間に対する怒りなのではないか。
ビートたけしとヤノベケンジが、互いの直感と問題意識を根底において共鳴し、一つの作品を作り上げました。
イソップ物語「金の斧」のパロディで、欲にかられた2番目の男が湖に意図的に落とした斧が神様の頭に刺さって殺してしまうという、 ビートたけしのギャグが古井戸に置き換えられ、ヤノベケンジの独特でユーモラスな造形かつ破格なスケールで現代アートとして表現されています。
(京都造形芸術大学資料より要約)



ヤノベケンジ氏と高速船「バルカソラーレ」 高速船「バルカソラーレ」を見送るヤノベケンジ氏
Ⓒ2012 Kenji YANOBE
瀬戸内国際芸術祭2013に、海を渡る芸術作品「バルカソラーレ」が登場!
「バルカソラーレ」はヤノベケンジ氏がデザインした高速船。イタリア語で「太陽の船」という意味。

真っ黒に塗りつぶされた船体の正面には黄色い太陽と光が描かれ、闇に包まれた世界を照らす太陽を表しています。

トらやんが希望の島・小豆島の坂手港で見つけた太陽の光を、瀬戸内海の島々に届けるという、トらやんワールドの重要な一場面を構成。



今年の瀬戸内国際芸術祭は、神戸港から希望の島・小豆島を目指して、みんなで現代アートを楽しもう!

瀬戸内国際芸術祭2013ガイドブック
瀬戸内国際芸術祭2013ガイドブックp1 瀬戸内国際芸術祭2013ガイドブックp2 瀬戸内国際芸術祭2013ガイドブックp3 瀬戸内国際芸術祭2013ガイドブックp5 瀬戸内国際芸術祭2013ガイドブックp6 瀬戸内国際芸術祭2013ガイドブックp7
美術手帖 2013年 3月号増刊
瀬戸内国際芸術祭 2013 公式ガイドブック アートをめぐる旅 完全版 春
著者 北川フラム/瀬戸内国際芸術祭実行委員会 監修
定 価 1260円
発売日 2013/02/25
造本・体裁 A5判
ページ数 276ページ
商品コード
ISBN 4910076120334


これ一冊で完璧! 全エリア詳細マップ付き。
作品鑑賞、島情報、交通、宿泊まで、瀬戸内の島々の魅力を徹底紹介!
2010年に第一回が開催され、約二ヶ月の会期で約100万人の来場者を集めた「瀬戸内国際芸術祭」が、いよいよ2013年に第二回の開催を迎えます。 前回は瀬戸内海の7つの島と2つの港を舞台に行われましたが、今回はさらに5つの島を加え、会期も春(3/20〜4/21)、夏(7/20〜9/1)、秋(10/5〜11/4)の三会期に拡大。 海の力と島の魅力をたっぷり堪能しながら現代アートに触れる、アートの祭典です。
本書はそんな「瀬戸内国際芸術祭」の魅力の全てをぎっしり詰め込んだ公式ガイドブックです。全作品の紹介と解説、島の情報、詳細マップ、交通案内や宿泊情報、船やバスの時刻表まで充実した決定版。 島ごとの全プロジェクトと主な飲食店や商店の情報、周遊のモデルコースなどを掲載。昔の風俗が伺える島の古い写真、アーティストインタビュー[安藤忠雄、横尾忠則、大竹伸朗、昭和40年会、椿昇、長谷川祐子、妹島和世、カリン&パット、荒木経惟]に、豪華綴じ込み付録付き。
特に春会期(3/20〜4/21)で終了してしまうプロジェクトやイベントなど、今見逃せない情報も満載です。

●綴じ込み付録 ・自然図鑑ーー瀬戸内の魚たちーー ・広域交通マップ&各島の特徴と見どころ ・瀬戸内国際芸術祭2013 全プロジェクト・作品・イベントカレンダー
(以上「美術出版社HPより抜粋」)

ジャンボフェリーお問い合せ
よくある質問はコチラへ

小豆島観光サイト

小豆島 観光地図

小豆島 レンタカー

小豆島 エンジェルロード

瀬戸内国際芸術祭

小豆島 ひしお丼

おすすめショップ&グルメ

お役立ちサイト

小豆島唯一の酒蔵
森國酒造 MORIKUNI

高松~小豆島フェリー

直島フェリー

ジャンボフェリー ジャンボフェリー
大阪・神戸~高松の高速バス「フットバス」 大阪・神戸~高松の高速バス
ジャンボフェリー ジャンボフェリーもチーム員!
KOBE BUS
神戸の貸切バスなら神戸バス
ジャンボフェリーファンサイト
ジャンボフェリー乗船記
岡山~高松 宇高国道フェリー
小豆島観光ツアー
日帰り・小豆島ツアー
弾丸・小豆島ツアー
日帰り・直島ツアー
直島観光のご案内
地中美術館のご案内
家プロジェクトのご案内
小豆島・豊島アートガイド
直島・小豆島へ瀬戸内国際芸術祭